「発達支援」

人間は家族・学校・地域社会などのさまざまな社会集団の中で生活しています。社会集団の生活では、ルールを守り集団の一員として他者と協力していかなければいけません。そのため「ピュアハート」では、さまざまな活動の中でお子様にルールの理解やルールを守ることの大切さを教えています。悪いことをしたら「ごめんなさい」、助けてもらったら「ありがとう」などの簡単なルールから取り組み、「ルールの遵守」を目標とした支援を行っています。

私たちが「ルールの遵守」と同様に大切と考えているのが「人との関わり」です。人間は人との関わりの中で大きく成長していきます。

「ピュアハート」では、


「人と上手く関わって生きていくために必要な力」
「自分の気持ちを伝える力」
「相手の気持ちを受け入れる力」
「気持ちの葛藤を乗り越える力」


をお子様が育めるように支援しています。

自分の気持ちをうまく表現できないお子様、相手の気持ちをうまく受け入れられないお子様には、指導員が寄り添い一緒に考えることで、これらの力を身に付けるようにサポートします。「発達に障がいがある=色々なことが出来ない」ではありません。出来るようになるのにちょっとだけ時間がかかるのです、ちょっとだけ周りの人の理解が必要なだけです。そのことを「ピュアハート」の指導員は理解して発達支援に携わっています。

ピックアップ記事

  1. 2017/12/5

    評価
    アンケート…

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ